【入手方法まとめ】胞子培養マニアがビカクシダの胞子の購入方法4選を紹介!

   

おはようございます。GreenNeoSoulのそうすけです!

本記事では、胞子培養好きの私が知っている、または実践しているビカクシダの胞子の入手方法4種類に関してご紹介しようと思います!

  • 胞子培養がしてみたい!
  • 胞子の入手方法を知りたい!
  • 気に入った品種の胞子培養がしたい!

こういった方は参考になるかと思います(^^

目次

1.目的

胞子培養を始めたい方や胞子を購入したい方の楽しみ方を広げるため!

ビカクシダの胞子は野菜・多肉植物の種のように表立った市場があまりありません。

なぜなら、あくまで推論ですが、ビカクシダを育てたい・欲しいと思う人は、親株・子株に注目する考え方が普通だからだと思います。
しっかりかっこいい形がでている親株であったり、少し安くてすぐに大きくなる子株の方が欲しいと思うのは当たり前ですよね。

なので胞子培養がしたくて胞子を欲しい・購入しようと思った際、手探りで情報を集めている方が多いと思います。
私自身がそうで、ネット・SNSなどいろんな購入方法を探して検討・情報収集をしてきました。

そういった経験が、ビカクシダの胞子培養をしたい方の参考になり、よりこのニッチな園芸の趣味を楽しめるような情報があればいいなと思い、記事にしてみました。

2.結論

私が知っている、実践している購入方法は以下の通りです。

  1. フリマサイトで購入する
  2. ebayで購入する
  3. SNSで直接購入する
  4. イベントで購入する

1.フリマサイトで購入する

メルカリやヤフオクなどのフリマサイトで購入する方法です。
この方法が一番購入しやすいのではないでしょうか。

なぜならビカクシダ自体の購入がフリマサイトが主な売買拠点になっており、身近に感じる人が多く購入までのハードルが低いのではないか、と思うからです。

いろいろな方が胞子を販売しており、胞子を専門に取り揃えて販売している方もいます。
また、珍しい種の胞子はすぐに売れ切れてしまうため、サイトを常に見ておく必要があります。

・販売者が多い
・購入までのハードルが低い
・常に種類をそろえている販売者がいる

・親株がわからないことが多い
・早い者勝ちで気づいたときにないことがある
・胞子の量が販売者によってまちまち(少ないときがある)

2.ebayで購入する

海外から輸入する方法です。
英語のサイトからタイなどのアジア圏からビカクシダの胞子を輸入することができます。

サイト自体が英語です。platycerium spore」と検索すれば、園芸種含めた30種くらいの胞子を常に購入することができます。ただ船代(shipping)がかかるのでまとめ買いするのがお得だと思います!

フリマサイトのような個人売買ではなく、恐らくナーセリーなどの業者が販売しているのか、胞子の量が大量で単価はかなり安いのが特徴です。

・原種+α種類の品種が安定的に購入することができる
・安く多くの胞子を手に入れることができる

・英語のサイト
・船代がかかるのでまとめ買いすることになる
・量が多すぎてまききれない

3.SNSで直接購入する

表立った取引をしていない株保有者・生産者に自分から売ってくれませんか?と直接話を持ち掛けてみる方法です。
欲しい品種の魅力的な親株の胞子を手に入れれる可能性が一番高いです。

私が一番おすすめできる方法であり、今最も活用している方法です。
なぜなら、実際のほしい品種の親株を写真で見て、購入することができるからです。

私は株保有者や生産者さんに思い切ってDMで声をかけてみて、購入できるようでしたらそこから購入する方法をとっています。

SNSはインスタが一番やりやすいと思います。ハッシュタグなどで品種名を検索し、欲しい品種の写真などをアップしている方を探し出すことができます。その後、DMなどでやり取りして取引できるか確認します!

例えば「フーンシキ」の胞子が欲しければ、#foongsiqiと検索して、保有者のアカウントにDMします。欲しい品種があるときは、勇気をもって生産者や株保有者に問い合わせてみましょう(^^♪

ただし確認するときは丁重にお願いしましょう。胞子がつくまでは数年大事に育てられた株であり、その種を頂くということは、親株の購入コストと育成コストという資産を切り取って頂いている、ともいえるからです。

支払いは販売者次第ですが、PayPayや銀行振込などが挙げられます。

・信頼的な取引がしやすい
・欲しい種、珍しい種の胞子を購入できる可能性が高い

・表立って販売していないので購入先を探す必要がある
・購入するまでのハードルが高い

4.イベントで購入(番外編)

世界らん展などの植物系のイベントで生産者の方が時々販売している胞子を買う方法です。生産者の株の胞子なのでポテンシャルの高い信頼できる株である可能性が高いです。

ツイッターなどで販売者がイベント前に告知しているのを確認しました。しかし人気ですぐに売り切れになるそうです。

・イベントに出るような信頼できる生産者から購入することができる

・機会が少ないので、欲しい時に買えない
・競争率が高い

5.自分で親株を育てる

自分で胞子が出るまで親株を育てる方法です。
非常に長い時間はかかりますが、自分が納得した形質をもつ親株から得た胞子なので安心です。

胞子は全部見た目が同じでわからないですから、購入時は少し不安ですよね(私もです)。
長年育ててきた方が行っている印象があります。

・自分が納得した株から確実な胞子をとることができる

・年単位で時間がかかる

3.まとめ

上記をまとめます!

  • フリマサイトで購入する
  • ebayで購入する
  • SNSで直接購入する
  • イベントで購入する

気軽に購入したい人→メルカリ・ヤフオク
欲しいときにたくさんの量が欲しい→ebay
狙った株の胞子が欲しい→SNS

この記事を読んで少しでも皆さんの植物ライフが楽しくなれば幸いです!

以上になります(^^ ここまで見て頂きありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる