【ビカクシダにおすすめ】植物育成LEDライト HASU 38 spec 9 の使用レビュー

   

おはようございます!そうすけです!

Green Neo Soul 管理人:そうすけプロフィール・経歴
愛媛在住のサラリーマン兼植物系ブロガー。
ビカクシダ胞子培養とコーデクス実生メインに育成ブログやってます(^^♪
(Instagram→green_neo_soul、Twitter→@GreenNeoSoul

近年様々な植物育成ライトが非常に出回っており、何を選んだらいいか悩みませんか?

本記事をみて下さっている皆様もそれで悩んでいると思います。私もその一人です。

使ってみないとわからないな!と思い、下記に示している、
人気の高いHARUデザインHASUというライトを購入し、実際に使用してみました。

本記事ではHaruDesignの植物育成LEDライト HASU 38 spec 9植物育成ライト
実際の使用に基づく私なりのレビューをしていきます。

本記事のレビューを参考にして、購入検討の一部にしていただけると幸いです。

結論、非常にオススメです!
特にビカクシダの育成でとくに勧めたいライトとなっております。

  • ビカクシダのライト選びに迷っている!
  • コスパ良く、スペック・品質のいいライトを選びたい!
  • 1個1万の高級ライトは買えない!
  • たくさんビカクシダを育てているが、どれが良いのかわからない!
  • 今使用しているライトから別のライトに変えてみたい

このような方に参考になる記事かと思いますのでぜひ最後まで見て頂けると幸いです!

目次

目的

たくさんある中の植物育成ライト選びに貢献するため!

いろんな形状の植物育成ライト

ここ数年で植物育成ライトはすごくラインナップが増えました!
恐らく、コロナ禍で屋内で植物を育てる人が増えた影響でしょう!

そしてHaruDesignの植物育成LEDライトはAmazonの中でも評価が非常に高く、
購入を検討される方も多いのではないか、と考えたからです。
(人気で欠品になっているのを見るほどです)

本記事が見ていただいている方の選択の参考になれば幸いだと思っています!

結論

ビカクシダや多肉植物と非常に相性がよく、非常におすすめの商品!

結論、LEDライト HASU 38 spec 9は非常に優秀で使い勝手がよいです!

  • 照射範囲が広い
  • 屋内育成に十分すぎるスペック
  • 軽量である
  • 10000円相当するアマテラスライトを凌駕するほどの質、かつ価格がリーズナブル

植物育成のプロが作ったメーカー出身のHASU 38 spec 9
非常に素晴らしい商品となっております。

本ライトを販売しているHaruDesignは本気で水草育成をしたい人向けのブランド商品を販売しており、
この HASU 38 spec 9は陸上の植物、水槽の植物(水草)の両方に使用できるライトです。

意外かもしれませんが、本当にきれいで鮮やかな水草育成水槽を作るのには、
実は結構スペックの高い波長にこだわった光が必要です。

どこかのガチ水槽

どんな人・植物に向いている?

  • 質にこだわって綺麗に育てたい!
  • ある程度貯金があって趣味に避ける余裕がある!
  • いいものを数個集めて、長く使う方がコスパがいい!
  • 多肉植物やビカクシダなどにさまざまな植物に向いている!

HASU 38 spec 9は、特に広い照射範囲が必要になってくるビカクシダ
または強光が必要なパキポディウム・アガベなどの多肉植物に相性がいいと思っています。

一点集中と広範囲照射の2段階の照射範囲の切り替えができるのが、
植物を選ばずに使用できる点だと思います。

下記より、スペックと使用してみてのメリットデメリットを解説していきます。

スペック

商品情報

商品情報を下記にまとめてみました。

スペックHASU 38 spec 9
価格(一個当たり)7835円
ワット数22W
重量285g
サイズ直径12㎝×高さ13㎝
口金E26
寿命40000時間(約4.5年)
照度(Lx):光源から40㎝76300LX
PPFD値:光源から40㎝1224(直射日光は約2000)
ビカクシダ 植物育成ライト HARU おすすめ
外箱と育成ライト外観

データだけみたザックリした感想はみると、
ライトの中では若干お高め、E26口金ですが軽量、
照度・PPFD値はめちゃめちゃ優秀という印象です。

外観

現在所持しているE26口金のライトと比較してみました!
SINJIAlightと高さ・直径はほとんど同じ、同メーカーのlight staff vaよりは若干大きめです。

格安ライトによくあるLED部分が点在している(SMD式)のに対し、
HASU 38 spec 9は中心一点に光源があります(COB式)。

ライト比較 正面から
ライト比較 上から

また光の照射範囲の調節用にリフレクターを着脱することができます。
取り外しは、リフレクター部分をくるくる回せば力がなくても着脱可能です。

リフレクターあり
リフレクターなし

照射範囲・光の色

我が家のビカクシダウォールにて、実際に装着して照射してみました。

リフレクター無だと、有の場合と比べて1.2倍くらいの広範囲に照射してくれます。
(写真だと若干伝わりにくいので影を見たらわかりやすいかもしれません)

HASU 38 spec9 リフレクター有

ビカクシダ HaruDesign 植物育成LEDライト HASU 38 spec9 おすすめ

全体的に青白っぽい色光が照射されるタイプですね!

リフレクターありの場合は一点集中型で、強すぎるくらいの光量で照らしてくれます。

HASU 38 spec9 リフレクター無

ビカクシダ HaruDesign 植物育成LEDライト HASU 38 spec9 おすすめ

ビカクシダを複数育成されている方や綺麗に育てたい方には広範囲の光が必要なので、
ビカクシダにはリフレクターなしの方が向いていますね。

おすすめポイント

高級ライトを凌駕するスペック

ライトとしてのスペックがめちゃくちゃ高い!
照度(ルクス)・PPFD値(光合成の指標)ともに高級ライトを超えています。

商品購入時のスペックデータをを比較してまとめてみました。
(私の実測値ではありません)

スペックHASU 38 spec 9アマテラス
(公式HPより)
格安ライトA
価格(一個当たり)7835円12600円約3000円
ワット数22W20W18W
重量285g350g300g
寿命40000時間(約4.6年)30000時間(約3.5年)不明
照度(lux):光源から40㎝76300lux18050lux5520lux
PPFD値:光源から40㎝1224(リフレクターなし:946)40674
  • 価格
  • 重量
  • 寿命
  • 照度
  • PPFD値

上記の内容でAMATERASよりスペックが高いことがわかります。
特に照度とPPFD値は目を見張るものがあります。

PPFD値とは光合成に有効な光の量の指標として使用されます!
目安として晴れの日が2000、曇りの日が50~100となっています!

データからHASU 38 spec 9がかなりハイスペックなライトであることがわかります!
高級ライトと比べてコスパがいいということになります。

格安LEDでは明るさこそは明るいものの、PPFD値は高くありません。
つまり、出せない太陽光に近い光を科学的に出せているということです!

広範囲の照射が可能

照射範囲が広く、かつ質のいい光を植物に届けることができる!

本品はリフレクターというパーツを取り外して、
照射範囲を2段階調整することが可能です。

ビカクシダ HaruDesign 植物育成LEDライト HASU 38 spec9 おすすめ
リフレクターあり
ビカクシダ HaruDesign 植物育成LEDライト HASU 38 spec9 おすすめ
リフレクターなし

リフレクターなしの広範囲の状態でもPPFD値や照度がしっかりとれるので、
屋内で複数のビカクシダを育てたい方におすすめできます。

また写真のように一灯でかなり照射範囲が広く取れます。
私のビカクシダウォールの横幅が約100㎝ですが、
一灯で約3分の2(6~70cmくらい)に光が届いています。

多肉など強光でしっかり育てたい方はリフレクターありを、
ビカクシダなど幅広く複数種育てたい方はリフレクターなしで
使用することをおすすめします。

本体重量が軽いので垂れ下がりにくい

E26口金の育成ライトでトップレベルに軽く、スタンドで角度がつけやすい!

植物育成ライトは非常に重いので、スタンドやソケットで角度をつけた際、
垂れ下がり
が起こりやすいです。
なので私は下記のようなネジ付きのダクトレールを推奨しています。

しかし、本品はメーカーが垂れ下がりに対応して商品設計しておりかなり軽いです!
どれくらい軽いかというと、よくあるライトが320~350gなのに対し、
HASU 38 spec 9は約280g、リフレクターをのけると228g非常に軽いです!!

なのでビカクウォールなどで上部にライトをつける際の転倒対策にもなりますし、
下記のようなねじなしタイプのダクトレールやスタンドとも相性がいいです。

綺麗な形に育てるのに最適な白色(寒色系)である

青白系統の光がでます!綺麗に育てたい人向き!

ビカクシダ HaruDesign 植物育成LEDライト HASU 38 spec9 おすすめ
寒色系
暖色系

光には色があり、いろいろな色が混ざると白色になります。
植物は青と赤の光を吸収し、緑は反射します。
しかしすべて光合成に使用しないわけではありません。

なので白色が一番太陽に近く植物の育成に良いと言われています。

公式HPのスペクトルを確認すると、
植物に必要な赤色と青色の光がしっかりと出ており、特に青色が強めです。

赤色光(660nm):  光合成に一番重要な光で、「生育に必要な光は赤」
青色光(450nm):  形態形成に一番重要な光で、「形を整えるのに必要な光は青」

SHOWA DENKO:グリーンニュースNo1より(https://www.sdk.co.jp/products/49/13496/13495/14861/15874.html)

植物育成ライトと言えば有名な生産者や有名なメーカーでも
青白系の光を使用しているので、青白系統の方が実績はあると言えるでしょう。

ただ個人的には屋内で使用すると暖色系の方が落ち着きますし、
ビカクシダ達も問題なく育成しているのでどちらも好きです😊

寿命が長い構造なので経済的

40000時間使えてパーツ交換もできるので経済的!
(一度買えば計算上8~10年持つ)

本品は寿命が40000時間と他のLEDライトと比較して長いです。
一日10時間照射とすると、計算上10年もつことになります。

スペックHASU 38 spec 9
(公式HPより)
ライトA
寿命40000時間(約4.6年)30000時間(約3.5年)

また本品はLEDが切れてもパーツ交換できるのでさらに経済的です。
公式HPで販売してます)

気になった点

LEDが一点型なので照射範囲が多点型ものより狭い

LEDのタイプでCOB式というものとSMD式というものがあります。
本当にざっくりいうとCOB式は一点型(単価が高い)で、SMD式は多点型(単価が安い)です。

COB式(左)とSMD式(右)

COBの回路は価格の安いSMDでは実現しえない明るさの実現が可能ですので、
光のスペックはおのずと高くなります。

しかし光源がライトの中心にある以上、若干ですが照射範囲が狭くなります。

ビカクシダ HaruDesign 植物育成LEDライト HASU 38 spec9 おすすめ
COB式
SMD式

本品の照射範囲は正直全然申し分ない程度なのですが、もともと格安LEDを使用していた人は
照射範囲が想定したよりも狭かった、という印象を受けるかもしれません。

参考程度に写真を載せておきます。
私の家ではほんの少し照射範囲が狭くなったものの
そこまで影響はありませんでした。

値段が若干高め

一灯約7800円します!高級ライトより安いですが若干お高めです。

HASU 38 spec9AMATERASSINJAlightMORSENNothers
価格(一個当たり)7835円12300円2650円2980円2250円

上記で散々語ってきたように質は非常にいいライトです。
ビカクシダに問わず、屋内で植物を育成する方々すべてにおすすめしたいです。

ただ事実として下記のようなSINJIAライトやMORSANライトのような
格安のライトであれば数個買える価格です。

上記のような格安ライトでも十分に実は育ちます。
私は数年格安ライトを愛用しており、ビカクシダを育てています。

なので下記のような方は購入を検討されるとよいと思います😊

  • とにかく質にこだわって綺麗に育てたい!
  • ある程度貯金があって趣味に避ける余裕がある!
  • いいものを数個集めて、長く使う方がコスパがいい!

また同じメーカーHARUデザインで本ライトと同等の照射スペックを持ち、
植物育成ライトで比較的リーズナブルLIGHT STAFFおすすめです。

記事にもまとめているので、興味のある方は覗いてみて下さい😊

人気でよく欠品する

Amazonおすすめでよく欠品している!

本品は人気な商品のようで、よく在庫がありませんと表示されます。

Amazonでのレビューも高く、欠品になっていることを何度か見かけました。

注意点

ソケットはカバーがついていないものを使用することを推奨します。

本品は照射範囲を広げる際、リフレクターを取り外して使用します。
リフレクターを外すと、板が並んだような構造のすきまから横方向へと光が分散する構造です。
(下記を見るとわかりやすいと思います)

カバーなしソケット
カバー有ソケット

なので構造上、カバーがついているソケットを使用すると、
分散した光の進行をさえぎることになってしまいます。

よりこの機能を生かして光を分散させたい場合は、
下記のようなカバーがついていないソケットを使用することを推奨します。

実際上記のソケットを使用していますが、問題なく使用できています。
レビューにかかれるほど角度調整部分がかなり固いですが、
それが重い植物育成ライトに対しては逆に都合がいいです。

どんな人、植物に向いている?

  • とにかく質にこだわって綺麗に育てたい!
  • ある程度貯金があって趣味に避ける余裕がある!
  • いいものを数個集めて、長く使う方がコスパがいい!
  • 強光が必要な多肉植物や広い照射範囲が必要なビカクシダの両方の使い方ができる!

HASU 38 spec 9はコスパが良くて汎用性も高く、非常に使いやすいライトです!
ビカクシダにはもってこいだと思っています。

まとめ

  • 高級ライトを凌駕するほど光の質が良く、コスパもよい!
  • 十分に広範囲の照射範囲が可能!
  • 重量が軽いので、どんなスタンドやソケットでも角度をつけやすい!
  • 白色(寒色)の光で綺麗に育てることができる!
  • 寿命が長い!(10年くらい持つ)
  • 格安ライトなどのSDM式に比べ照射範囲が少し狭い!
  • 価格が若干高い!
  • 人気で欠品する!

実際にビカクシダに使用してみていますが、大変いいライトです!
買えて数か月ですが、確かに格安ライトより成長の早さを感じています。

そういった結果も今後載せていけたらと思います!

ここまで見て頂きありがとうございました!!

追記:ライト比較記事書きました!

HASUライトの比較記事を書きました!

購入を迷っている方は、こちらも参考にしていただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる